第65回特別企画展 トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅(3/18~6/25)

 

会 期:2017年3月18日(土)~ 6月25日(日)
時 間:9:00~18:00 ※入場は閉館時刻の30分前まで
会 場:石ノ森萬画館2F企画展示室
休館日:第3火曜日
観覧料:大人800円/中高生500円/小学生200円/未就学児無料(常設展観覧料含む)

「トンコハウス」は、堤大介とロバート・コンドウの二人が設立したアニメーションスタジオです。ピクサーでアートディレクターとして、「トイ・ストーリー3」や「モンスターズ・ユニバーシティ」のアートワークを手がけた二人が、純粋につくることを楽しみ、チャレンジし続ける環境を求めて2014年に新たなスタートを切りました。そんな二人が2013年初めて監督としてゼロから制作に挑んだ「ダム・キーパー」は、2015年のアカデミー賞にノミネートされ、日本でも大きな話題となりました。この作品は、世界各地の映画祭で20以上の賞を受賞し、ベルリン国際映画祭をはじめ各国の映画祭で公式出品作として多数上映されるなど、世界から高く評価されています。

「『ダム・キーパー』の旅」と題した本展では、短編「ダム・キーパー」のキャラクターデザインやマケット、背景やストーリー設定などのアートワークを中心に、広がり続ける「ダム・キーパー」の世界を紹介します。昨年、東京銀座で世界初開催された展覧会をベースとしながら、世界8カ国の映画祭で24もの賞を受賞した最新作「ムーム」のコーナーを拡張した他、「ピッグ-丘のダム・キーパー」やグラフィックノベルなどの新たなプロジェクトの展示も追加しました。また、日本が誇るイラストレーター、上杉忠弘氏とトンコハウスとの間で進行中のコラボレーションの作品も初めて公開します。

「なぜ自分たちはアニメーションをつくるのか」「なぜこのストーリーなのか」「なぜこの設定なのか」など、「なぜ」 という問いを繰り返しながらやりたいことの本質を形にしていくという堤とコンドウ。そうして時間をかけて丁寧につくられた作品は、子どもから大人まで幅広い世代に愛されています。

スタジオに遊びに来た気分で、ぜひアニメーション制作の現場をご覧ください。

 

トンコハウス http://www.tonkohouse.com/jp/
「ダム・キーパー」公式日本語サイトhttp://thedamkeeper.jimdo.com/

(右)堤 大介:東京都出身。School of Visual Arts卒業。Lucas Learning、Blue Sky Studioなどで「アイスエイジ」や「ロボッツ」などのコンセプトアートを担当。2007年ピクサー入社。アートディレクターとして「トイ・ストーリー3」や「モンスターズ・ユニバーシティ」などを手がける。2014年ピクサーを去り、トンコハウスを設立。71人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したプロジェクト「スケッチトラベル」の発案者でもある。

(左)ロバート・コンドウ:南カリフォルニア出身。ロサンジェルス近郊のArt Center College of Designを卒業。2006年、憧れていたピクサーでスケッチ・アーティストとして「レミーのおいしいレストラン」の制作に携わる。その後、背景美術監督として「レミーのおいしいレストラン」「トイ・ストーリー3」「モンスターズ・ユニバーシティ」を手がける。2014年ピクサーを去り、トンコハウスを設立。新たなチャレンジと冒険の毎日を送っている。

連動イベント

短編アニメーション映画「ダム・キーパー」&「ムーム」特別上映

期 間:2017年3月18日(土)~6月25日(日)
場 所:石ノ森萬画館映像ホール
※入場には石ノ森萬画館当日観覧券または年間パスポートが必要です。

「ダム・キーパー」(約18分)①10:40~ ②14:40~
「ムーム」(約13分)①11:40~ ②15:40~

展示解説 ギャラリーツアー【終了しました】

日 時:2017年3月18日(土) 11:00~11:40
会 場:石ノ森萬画館2F企画展示室
出 演:長砂賀洋 Yoshihiro Nagasuna
定 員:30名
参加料:無料
※入場には石ノ森萬画館当日観覧券または年間パスポートが必要です。

「ダム・キーパー」にペインターとして制作に携わった長砂賀洋さんによるギャラリーツアーを開催します。展示されているアートワークや作品がどのように映画づくりに役立っているのか、それぞれの役割についてじっくり解説していただきます。

長砂賀洋:鳥取県出身。
京都精華大学テキスタイルデザインコース卒業。
アニメ美術背景スタッフとして多数の作品に携わった後、渡米。
Dice Tsutsumi、Robert Kondo 監督作品「ダム・キーパー」にペインターとして参加。
新作「Moom」のアートディレクターを手がける。

「ダム・キーパー」特別上映会&トークセッション【終了しました】

トンコハウスの代表作で2015年アカデミー賞にノミネートされた「ダム・キーパー」の特別上映会を開催。その後、堤大介さん、ロバート・コンドウさんのトーク(ex:ピクサーやトンコハウスで培った技術やノウハウについて、作品づくりに対する想いなど)やQ&Aなどのイベントを予定しています。

日 時:2017年4月16日(日) 10:00~12:00
会 場:IRORI石巻 http://irori.ishinomaki2.com/
定 員:50名(事前申込・先着順)
参加費:無料

堤大介さん、ロバート・コンドウさん「サイン会」【終了しました】

日 時:2017年4月16日(日) 13:30~15:00
会 場:石ノ森萬画館1F交流コーナー
定 員:45名(事前申込・先着順)
※会場でお買い上げいただいたトンコハウスのDVDや作品集、グッズに堤大介さん、ロバート・コンドウさんがサインをします。

「トンコハウス展」を巡るギャラリーツアー【終了しました】

石ノ森萬画館で開催中の特別企画展『トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅』の会場で、堤さんとロバートさんが展示作品を観ながら案内します。トンコハウスのこと、作品のこと、これからのことなどについて、ざっくばらんなトークを繰り広げます。

日 時:2017年4月16日(日) 15:30~16:30
会 場:石ノ森萬画館 2F企画展示室
定 員:20名(事前申込・先着順)
参加費:無料 ※但し、石ノ森萬画館の当日観覧券または年間パスポートが必要となります。

主 催:石ノ森萬画館
協 力:株式会社ティー・ワイ・オー ドワーフ/株式会社アニマ/情景師アラーキー 荒木 智/上杉 忠弘/ニュートラルコーポレーション
ページトップへ