1階映像ホール

1階エントランスから2階へと続くスロープの中間地点には映像ホールがございます。ここでは当館でしか観ることのできない完全オリジナル映像を上映しております。

上映スケジュールについて

現在、特別企画展『トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅』開催に伴い、上映スケジュールが下記の通り変更となっております。(期間:2017年3月18日~6月25日)
※尚、GW期間中は上映スケジュールが若干変更となります。詳細は4月下旬を目安にご案内いたします。

【おことわり】
・上映スケジュールは変更になる場合がございます。
・冬季期間(12月~2月)は16:40が最終上映となります。
・シージェッター海斗特別編が満席になった場合、次回40分からの「龍神沼」、「消えた赤ずきんちゃん」をお休みさせていただく場合がございます。

 

上映作品のごあんない

石ノ森萬画館では下記の3作品を毎時10分および40分より上映しております。 作品はおおむね15分程度ですので、ご来館の際は是非お越しください。尚、当コーナーは有料ゾーンですので、入場の際はスタッフに入場券もしくは年間パスポートを御提示ください。


シージェッター海斗特別編【約15分】

 

映像ホールでは石巻のヒーロー「シージェッター海斗」の実写版も絶賛上映中です。
石ノ森章太郎生誕75周年記念として製作されたこのムービーは当館でしか観ることが出来ません。
制作は仮面ライダーシリーズを手掛けるスタッフが担当、キャストも平成仮面ライダーシリーズでおなじみの俳優達という超豪華な布陣となっています。
またテーマソングも「シージェッター海斗」(歌:遠藤正明)、『不滅のヒーロー SEAJETTER KAITO』(歌:影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろし)というただでさえ豪華な楽曲ですが、さらに「アニソン界の帝王」我らがアニキ・水木一郎さんが今回の作品の為に劇中主題歌『たたかえ!!シージェッター海斗』を制作し、歌っています。
この「シージェッター海斗特別編」は、萬画館映像ホールにて毎日上映します。萬画館へ来場の際には是非ご覧ください!!

【制作スタッフ】
原案:石ノ森章太郎
原作:石森プロ
監督:石田秀範(『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー龍騎』『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』ほか)
脚本:三条陸(『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』『仮面ライダーW』『獣電戦隊キョウリュウジャー』ほか)
アクション監督:宮崎剛(『仮面ライダーW』『仮面ライダーオーズ』『仮面ライダーフォーゼ』ほか)
プロデューサー:日笠淳(『仮面ライダー剣』『炎神戦隊ゴーオンジャー』『非公認戦隊アキバレンジャー』)
武部直美(『仮面ライダーキバ』『仮面ライダーオーズ』『特命戦隊ゴーバスターズ』)
キャスト:佐藤祐基(『仮面ライダーカブト』『ごくせん』『ヴォイス~命なき者の声~』)
高岩成二(『仮面ライダー響鬼』を除く『仮面ライダーアギト』以降の全ての平成ライダーのスーツアクターを担当)
ボイスキャスト:飯塚昭三(『人造人間キカイダー』ハカイダー、『仮面ライダーBLACK』大神官ダロム、『太陽戦隊サンバルカン』ヘルサターン総統)
てらそままさき(『仮面ライダーBLACK』シャドームーン、『NARUTO-ナルト-疾風伝』飛段、『仮面ライダー電王』キンタロス )

【テーマソング】
『シージェッター海斗』
作詞:遠藤正明・影山ヒロノブ  作曲:影山ヒロノブ  歌 :遠藤正明


【応援ソング】 『不滅のヒーロー SEAJETTER KAITO』
作詞・作曲:遠藤正明  歌 :影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろし

【劇中主題歌】
『たたかえ!! シージェッター海斗』
作詞:水木一郎・三条陸  作曲:水木一郎 歌 :水木一郎

龍神沼【約15分】

主人公である青年・研一が、東京から“龍神祭り”を見るために、とある山村を訪ねるところからこの物語は始まる。 村では彼の従妹で研一を慕う少女ユミと再会するのだが、彼は“龍神沼”のほとりで出会った不思議な少女に魅せられていく。 そして研一は村長たちが龍神の名をかたり、企てた陰謀に巻き込まれてしまう……。

消えた!?赤ずきんちゃん【約14分】

石巻の駅前、赤ずきんちゃんが悲鳴を残して消えた! ロボコン、たまげ太くん、チョビンらは身代金を払うためにアルバイトをしてお金を稼ごうとするが……。 誘拐事件に出歯博士の世界征服が絡み、事態は思わぬ方向に! 石巻を舞台に石ノ森キャラクターたちが大活躍!? のオリジナルアニメーション。 果たして赤ずきんちゃんの行方は……。
ページトップへ