マンガンタンライナーについて

「マンガッタンライナー」は2003年3月22日、仙台と石巻を結ぶJR仙石線に初めて登場しました。

2011年の東日本大震災時、仙石線の路線は津波により分断され、しばらくの間マンガッタンライナーはおろか、列車の運行自体が出来なくなりました。
その後、2013年にピンチヒッターとして石巻線にキハ系のマンガッタンライナーが登場し、2015年5月末には、4年と3か月ぶりに仙石線が全線復旧して、現在のように仙石線マンガッタンライナーが復活運行を果たしました。

運行開始以来、まさに山あり谷ありの中、たくさんの方々の足となり、「萬画の国・いしのまき」の顔として今なお活躍し続けるマンガッタンライナーは、震災復興のシンボルとしてだけでなく、地域住民の中に溶け込んだ存在として多くの方に愛される存在となっています!!

運行時間

★毎週日曜は以下の時刻で「仙石線マンガッタンライナー」が運転します。

あおば通り(10:48発) ⇒ 石 巻(12:14着)

※2022年3月12日改正

尚、マンガッタンライナーの車両は日曜日以外でも仙石線の区間を常に運行しています。
運が良ければ平日でもマンガッタンライナーに出会えるかもしれませんので、お近くへお越しの際はチェックしてください。

 

乗車記念証明書を配布しています!!

乗車記念証明書

石ノ森萬画館では、毎週日曜日にマンガッタンライナーに乗車して石巻駅へお越しいただいた皆様に対し、石巻駅ホームにてマンガッタンライナーへ乗車した証となる記念の乗車証明書を配付しております。
証明書は車両の情報やマンガ駅舎石巻駅の見所などを紹介する小冊子にもなってます。(乗車した日付入りのスタンプも押してもらえます!)
毎週日曜日のマンガッタンライナーに乗車して、石巻にお越しの際には是非GETしよう。

車両のご案内

仙石東北ライン マンガッタンライナー

 

2022年(令和4年)1月19日(水)、4代目となる「マンガッタンライナー」がJR仙台駅と石巻駅を結ぶ仙石東北ラインに登場しました!!
今回の車両は、仙石東北ラインのイメージカラーを損なわないようなデザインに仕上がっています。 基本的には4両編成のうちの2両分がマンガッタンライナーとしてラッピングが施されており、「夢」編成の2車両&「風」編成の2車両が運行しております。

 

仙石線マンガッタンライナーⅠ

マンガッタンライナー

2003年(平成15年)3月22日から仙台市と石巻市を結ぶJR仙石線に登場したのがこの初代マンガッタンライナーです。
運行開始から今年で19年が経ちますが、未だに現役バリバリで運行している客車です。
このマンガ列車は石ノ森作品の中でも人気の高い「サイボーグ009」「仮面ライダー」「ゴレンジャー」「ロボコン」の4つのキャラクターコンセプトの車両から構成されています。

車両イラスト

仙石線マンガッタンライナーⅡ

マンガッタンライナー

2008年(平成20年)9月13日から運行スタートとなったマンガッタンライナー2は、初の全面フルラッピングのマンガ列車です。
ライナー2は4両編成の車両でそれぞれ「サイボーグ009」「時代劇」「コメディ」「ヒーロー」とジャンルを分けた車両となっています。

車両イラスト

(おまけ)運行終了となった 石巻線マンガッタンライナー

石巻線マンガッタンライナーは2013年3月より、石巻線[石巻‐小牛田]を運行していた気動車(キハ48)です。
復興のシンボルとして運行していたこの列車は、2015年5月31日に石巻線からキハ40・48の全車両が引退となった際に、同時に運行終了となりました。
また、それと交代する形で翌6月1日からは、震災により一部区間が運行不能となっていた仙石線[石巻-あおば通り]が念願の全線開通が叶い、4年ぶりに仙石線「マンガッタンライナーⅠ、Ⅱ」の運行が再開されました。

仙石線マンガッタンライナー

仙石線マンガッタンライナー

仙石線マンガッタンライナー

仙石線マンガッタンライナー

ページトップへ